サイトメニュー

筋力の向上で症状緩和

ドクター

脊柱管狭窄症での治療を終えた場合、体の各所に痺れなどの不具合が残ってしまいます。速やかに日常生活に戻るためには、治療後の入念なリハビリが必要不可欠です。リハビリ内容は、主にストレッチや筋力トレーニング、バランストレーニングを行ないます。専門の理学療法士の指示に従い、正しい方法でリハビリを行なうことにより、今までのように体を自由に動かす事ができるようになるでしょう。ストレッチによる方法では、主に足の筋肉をほぐす方法を行います。脊柱管狭窄症では、神経の痺れによって歩行などもうまく行えなかった場合が多くあります。歩行のリハビリを行なう前に入念なストレッチを行なうことで、体に負担を与えずスムーズにリハビリへと移行することができるでしょう。また、脊柱管狭窄症は姿勢の悪さも発症の原因となります。ストレッチによって体をほぐすことで、筋肉の動きもスムーズになります。そのため、骨格を支える筋肉を正常に動かすことで姿勢も正しくなるので、脊柱管狭窄症の後遺症を緩和するだけではなく、再発の防止にも役立つのです。

理学療法士の人は、脊柱管狭窄症によりリハビリ方法として、筋力トレーニングやバランストレーニングを行います。筋力トレーニングでは股関節周辺や足の筋力を中心としたリハビリを行なうので、きちんとトレーニングを行なうことで腰周辺を支える筋力が身につきます。腰を支える筋力が身につくことで、脊柱管狭窄症による後遺症や再発の防止に役立てられるのです。バランストレーニングも同様の効果をもたらすものであり、正しい筋力の使い方を学ぶことで、体全体のバランスを取れるようにしてくれます。こうしたリハビリは最大限患者さんに負担を与えずに行ってくれるため、誰でも楽しくリハビリを続けることができるでしょう。

人気記事