サイトメニュー

非常の気づきにくい病気

医者

食道がんをご存知でしょうか。食道がんとは誰もがなる病気であるのです。では、食道がんとはどういった病気なのでしょうか。そもそも食道とは、口から胃まで25センチある管であります。その管の中にできるがんを食道がんといいます。症状は無症状なことが多く、非常に気が付きにくい癌であります。また、食道の中の粘膜の表面から癌になるため、近くにあるリンパ節へと転移しやすいです。そこから血液の流れによって、肺や胃など近くの臓器に転移することがある非常に恐ろしい病気なのです。最初の症状としては、先ほども書いたように無症状なことが多いのですが、思い当たるものとしては、喉に食べたものがしみることや、食べた物がつっかかる、声がかすれることなどの症状があります。

食道がんは女性よりはるかに男性の方が罹患するリスクが高いのです。なぜ男性が多いのかその理由として、一番多いのが喫煙です。喫煙やお酒また、熱い食べ物を良く食べる方は食道がんのリスクを非常に高めると言われています。なぜ喫煙者の方が癌になりやすいのかというと、たばこに含まれる発がん物質がたばこを吸うことで直接食道に触れるからです。なので一日に何本もたばこを吸う方は注意が必要であります。また、お酒に関しては、アルコール酵素の分解が遅い方がなりやすいと言われています。お酒にも、たばこにも含まれるアセドアルデヒトという物質が発がん物質であるため食道がんを引き起こしてしまいます。それから、熱い物を食べる多く食べる方も喉に刺激を与えすぎてしまうため異常な細胞が増えすぎてしまい癌へのリスクが高まるので注意が必要です。

人気記事